ニュース

平成30年8月21日(火)@浜松医科大学 第23回技術講習会 「光学顕微鏡で分子を見る」を開催しました

浜松医科大学 国際マスイメージングセンターでは、8月21日(火)に第23回技術講習会 「光学顕微鏡で分子を見る」を開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

光学顕微鏡で分子を見る

藤芳 暁 博士
東京工業大学 理学院 物理学系

生命現象はたくさんの分子がネットワークをつくって実現しています。 系が複雑であるため、その現場である細胞内部にある分子を一つ一つ正確 に観察することが重要であることは言うまでもありません。しかし、顕微 鏡が開発されてから400年あまり、人類は未だこのような分子レベルの イメージングを実現していません。私は、開発されてきた顕微鏡の中で、 最も基本的な光学顕微鏡が、これを実現できる一番手だと思っています。 それは、光学顕微鏡は細胞全体を1分子の感度で観測できる唯一の方法だ からです。もちろん、光学顕微鏡には、光の回折現象からその解像度が波 長程度、すなわち約500ナノメートルであるという大きな欠点もありま す。生体分子の中で比較的大きいタンパク質でもそのサイズが10ナノメ ートルなので、分子レベルにはほど遠いのが現状です。10年ほど前に超 解像顕微鏡が開発されて、波長の壁は突破しましたが、現状の解像度と分 子レベルには1〜2桁のひらきがあります。はたして、分子レベルの顕微 鏡は実現可能なのでしょうか。その辺りの議論を出発点としてセミナーを 進めたいと思います。

本セミナーには物理・光学に関する予備知識は不要 です。顕微鏡に興味がある方にご参加いただきたいと思っております。

 

日時:  8月21日(火) 17:30 ~ 19:00
場所 : 浜松医科大学外来棟 4 階会議室
申込先:  〒431-3192
静岡県浜松市東区半田山1-20-1
浜松医科大学 細胞分子解剖学講座
Tel: 053-435-2086 Fax: 053-435-2468
Email: ims(at)hama-med.ac.jp